†Akashic Records† by Yumekui・S

夢喰いの日常を描く。 そんな日記。

トップページ

未来記事です。トップページになります。


※当ブログについて
当ブログは僕の日記みたいなものです。
変なことが沢山書いてあるけど気にしないでください。
「毎日何かしら書こうという意思を持って更新すること」が私としての目標なので、たまに日付ちょこっと回ってから書いたり、記事の内容がほとんど無いことがありますがご了承ください。
またゲーム攻略専門だとかそういうブログでは一切ありません。あくまでネタが無かった時だとか、何かの結果が出たときだけゲームの話題を出します。


※記事多すぎぃ

検索機能とカテゴリのソート機能をサイドバーにつけました。
また読みたい記事とかなんかそういうのあったら、探してどうぞ( ´◔‿ゝ◔`)


※どうでもいいエピソード
ある日僕は思いました。「そうだ、日記を書こう」と…。
三日坊主で終わると思っていたが100日以上続いてしまったので、思い切ってトップページまで作ってしまった。

だが、実は今のように日常記事をポンポンやるようなブログしようか、ゲーム専門でなんか書いてくことを続けるブログにしようか迷っていたところがあった。
まぁそもそもブログなんかやろうって気になったのは、何かしら毎日習慣づけて続けて行けることをやりたいって思ったのが全ての始まりでした。
何のオチもないけどこのブログ作った理由はこんなもんです( ´◔‿ゝ◔`)

(追記2018/09/10)
なおこのブログ始めてからしばらく経ちましたが、結局最初の1年くらいしかまともに毎日更新しませんでしたね・・・
ここ2年間くらいまともに記事を書いてない気がします・・・
そんなわけで更新頻度は減りましたが、今後もなにかネタがあれば書くつもりなので、よろしくお願いします。

過去のポケモン構築用ブログについて

ちょっとしたお知らせです。昔作ったブログに関する話。

はてなダイアリーがサービス終了ということで、かつて書いていた夢喰いの構築日記というブログの記事をこちらにインポートしました。


主にポケモンの構築記事がほとんどですが、一部TCGの当時使っていた構築などが載ってたりします。
過去に何が流行ったかを知りたいような場合等に使えそうですね。主にポケモン五世代の構築なんか参考にする場合にどうぞ。

これに合わせてカテゴリー分けに新しく「旧ブログ記事」というカテゴリーを作りました。(わかりやすく、この記事もそのカテゴリーに入れておきました。)
また、インポートした記事にはそのカテゴリの他にポケモンの構築であればしっかり「ポケモン」のカテゴリーも付けておくので、その辺のカテゴリ分けはいつも通りだと思ってください。

その過去のブログへのリンクについてですが、はてなダイアリーが見られる状態であるうちはリンクに置いておきます。終了したあとはリンクから消すと思います。ご了承ください(まぁ見れないのに残ってても仕方ないよね)


では今後とも当ブログ読者の皆様、また旧構築日記の読者の皆様も改めてよろしくお願いします。

【DQR 4弾環境初期】ゾンビピサロデッキ

おひさしぶりです。最近まで学業で色々ごちゃごちゃしてたので全然ブログが更新出来なかったので、今回は生存報告も兼ねての更新。

タイトルの通り、またまたDQRのデッキの話。


前にブログに書いたデッキと比べると、ありえないほどパワーがあります。


f:id:yumekui002:20180825135108j:plain


・コンセプト

大量展開、高い攻撃力による圧力、死亡時効果を付与することによる盤面の返されにくさなどとにかく盤面に関することを重視していったゾンビピサロ
基本的なプランは以下のような感じ、
序盤、とにかくウィザードを置いて、ゾンビを強化。引きが良ければ4T執念とか強化より先に固めることを視野に入れた動きをしてもよき。
中盤、展開量を少しずつ増やしながら高スタッツで固めていく。
終盤、ラ王⇒ラ王ゾルデ何かの展開がつよい



・カードの採用理由
今回もコスト別に紹介

1コスト:がいこつはゾンビなので必須、それ以外は不採用。
供物の不採用はかなり思い切りましたが、ブラッドレディの採用率の高さやボード自体を少し弱めてしまう点など、早めのランプそのものが要らないと感じる点が多く、別のカードを採用しました。

2コスト:必須となる新弾のゾンビたちと、ウィザードを確定サーチする魔物使いは説明不要。毒々ゾンビの採用も実は供物不採用の理由の一つになっているが、そこはまぁどうでも良い。
異彩を放っているのはやはりソウルイーターの採用だろう。このカードは私がこのデッキの弱点を考えたうえで供物の代わりに採用したカードで、とにかく盤面を制圧しきるのが遅いデッキであるため、終盤ライフが足りないということが多くなるこのデッキにおいてのアグロへの回答と言える。パワフルバッジ・ワイトキングの補正等が乗った状態での攻撃力を参照するため、10点回復とか普通にしながら死亡時効果打ったりとか・・・アグロ以外には刺さりにくいとはいえ、結構アグロに寄せたデッキが強く感じる今ソウルイーターは強いと感じます。

3コスト:マドハンドくんは大量展開の要。つよい。大臣はアンデットマンか骸骨を蘇生出来る。強い。よくソウルイーターで生贄にされる。

4コスト:ウィザード、執念、ワイトキングはほとんどこのデッキの核とも言える奴らなので必須。
逆に死者の魂は、中盤以降で少しでもランプを出来る点は評価出来るがボードがそこまで強くなるわけじゃない点や、4コストちょっと多くないか?って意味でも採用が怪しいと思います。他にいいカード何かありますかねぇ?

5コスト:オーレンはつよい ゲマの不採用について、単純にゾルデを素引きした後のラ王で引っ張ってきてもそんなに強くなさそうな点、ボードに干渉それほど出来ない点で不採用ですが、状況次第では強力だとも感じるので好みの問題。

6コスト:Ⅺでも強かったゾルデ。こっちでも大暴れ。他に採用したい6コストは無いです。ブロスはウィザードのサーチを妨害してしまうし…

7コスト以上:ラ王はもう言うまでもない採用。終盤の動きの要になってくれる。
ドレアムは素早く出せそうだから入れたけど、出して残るリソースが無いのであんまり使用感がよくないかもしれない。強いて言うなら、執念で死亡時効果たくさん作ってそこに投げ込んでボードを取るとかそれくらい? 基本的には処理されたら負ける最終手段程度に・。・


・総評
楽しい、つよい、はしゃげる。 以上
改善点はまだまだありそうですが、ひとまずこれでいい感じかな? 今後の環境の変化次第でいくらでも変えたい箇所は出てきそうかも。

ここからはちょっとしたおまけトーク
執念とかを上手く使えた時はシャド○バー○の全盛期のミッドネクロとか思い出します。
というか今弾つよいのがドラゴンとゾンビって○ャ○ウバースのリスペクトですかね…(あっちも第四弾でドラゴンとゾンビが…)


今回のデッキ紹介は以上です。
最後まで読んでくださった方ありがとうございました!