読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

†Akashic Records† by Yumekui・S

夢喰いの日常を描く。 そんな日記。

【ダブル】ポケモン公式大会 トリック・オア・トリート!? 構築案

ポケモン ゲーム

どうも、夢喰いです。
当ブログでは初めてのポケモン記事となります。



今回は2015年10月23日(金)9:00~26日(月)8:59より開催される、ポケモンのインターネット公式大会、トリックオアトリートの構築案。

ルールの詳細はここみてw3ds.pokemon-gl.com


なぜ、構築案か。

単純にムーバー産のポケモンが使えないので、PTを育成する時間が無いので脳内で考えた構築案を公開しようということにしました。







構築の軸となるのはコイツ

f:id:yumekui002:20151007110341p:plain



このクソ害悪猫です。
理由としては悪戯心持ちのポケモンでこのルールでは最速だから、止められる確率が低いということです。

持ち物は気合のタスキ。

技構成は

猫だまし/嘘泣き

を確定。

イカサマ・挑発・アンコール・電磁波を選択とします。


配分はBSベースが今のところ最善だと考えています。




今回は、嘘泣きを軸としたスタン構築ですが、単純に特殊高速のアタッカーで強力な物が多いルールであるが故の選択です。


レパルダスに添えるメインアタッカーとしては以下が候補

f:id:yumekui002:20151007110804p:plainf:id:yumekui002:20151007110817p:plainf:id:yumekui002:20151007110824p:plainf:id:yumekui002:20151007110846p:plainf:id:yumekui002:20151007110855p:plain


特にウルガモスは猫だまし+舞の一手だけで勝利を決めやすく、選出の面でも大きな圧力となるだろう。



今の段階できつい相手はマニューラクロバットと言った高速アタッカーや、チョッキを持たせて嘘泣き+特殊技を耐えてくる面々だろう。


また、悪タイプの多い大会なので、フェアリータイプ(とは言っても、クチートグランブルバリヤードの3体だけだが)に対する明確な回答も欲しいところだ。


その辺考えるのが面倒なので、とりあえず上記レパルダスを軸に何匹かメインアタッカーとなるものを選択、その後色々頑張って補完するという形で強力な構築となるだろう。




では今回はここまで。 雑な案で申し訳ないが、そもそも出場する為のPT無いような人間だから仕方ないね( ´◔‿ゝ◔`)





最後にオマケ。

追い風・トリックルームの使用可能の最終進化系・一部進化前使用候補ポケモンまとめ(ダブルバトルにおいて全体のSを変化させる追い風・トリックルームの有用性は言わずもがななので覚えておいて損はないでしょう。)



追い風

f:id:yumekui002:20151007112044p:plainf:id:yumekui002:20151007112151p:plainf:id:yumekui002:20151007112301p:plainf:id:yumekui002:20151007112308p:plainf:id:yumekui002:20151007112416p:plainf:id:yumekui002:20151007112425p:plainf:id:yumekui002:20151007112519p:plainf:id:yumekui002:20151007112551p:plainf:id:yumekui002:20151007112650p:plainf:id:yumekui002:20151007112824p:plainf:id:yumekui002:20151007112832p:plainf:id:yumekui002:20151007112914p:plainf:id:yumekui002:20151007112919p:plainf:id:yumekui002:20151007112943p:plain



トリックルーム
f:id:yumekui002:20151007110846p:plainf:id:yumekui002:20151007113153p:plainf:id:yumekui002:20151007113244p:plainf:id:yumekui002:20151007113252p:plainf:id:yumekui002:20151007113415p:plainf:id:yumekui002:20151007113525p:plainf:id:yumekui002:20151007113559p:plainf:id:yumekui002:20151007113632p:plainf:id:yumekui002:20151007113642p:plainf:id:yumekui002:20151007112824p:plainf:id:yumekui002:20151007112832p:plainf:id:yumekui002:20151007113812p:plainf:id:yumekui002:20151007113849p:plainf:id:yumekui002:20151007113922p:plainf:id:yumekui002:20151007113931p:plainf:id:yumekui002:20151007114009p:plainf:id:yumekui002:20151007114054p:plainf:id:yumekui002:20151007114108p:plainf:id:yumekui002:20151007114113p:plainf:id:yumekui002:20151007114118p:plain